読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぐちのこと

これはなんらか書こう書こうと思ってたんだけど、まず田口に対する自分のスタンスとはっていうのがすごくコレダー!!!って書かれていたブログの方がサクっと削除されてて引用しようと思ってたのに挫かれたんですけど、あれです田口くんを殺した的なすごい煽る見出しで書かれていたやつです。消した理由も大変こういう引用に使われるということも含めてのことだと思うので英断だと思います。

私がしってるかつんはちょうどデビューで知ったので2006~2010あたりがピークで見ていた時期だと思います。連続8日間とかあのドームは全部いってますし、夏のツアーも行ってますねこの当時はかつんが最高に熱い状態でした。まあその背後にいたダンサブルないかしたあの子は誰!?ってなっていって今に至るんですけど、でもそれはかつんがもたらしてくれたものであり、かつんが魅力的でなかったらあの時はなかったので、私の中にはあの当時のかつんがもたらした景色はとてもすごく大きなものとしてあって、あの勢いは今にしてみれば本当に狂気だったなって思うんですけど、あれらの狂気にあてられていた、奇跡的な瞬間だったのかもしれないだから今こんな状態になってしまったのかもしれない、とかそれは少しだけ思う。

そんな中で田口のことは私の中ではいつもにこにこ田口くん、でそれ以上でも以下でもないなんとも周囲の個性が異常なので自然とそれでも形成されていた、受身の印象があって「田口ならまあいいや」みたいな感覚になりがちだったことも事実です。これがあの殺した的なブログに意味合いとしてあって、そのちょっといいや、みたいな感覚にあった分、今回のようなことがおきたときに適当に後ろに回してたツケが回ってきたような、後味の悪い感覚に陥ったんですよ。かつんっていうグループにいらないなんて思ったことはないのに。

センスで変だなって(あのウチワもってやるソロの衣装は今みてもなぜとなる)おもうことはあっても、対外的にまずいよそれ、っていうようなことも言わないしむしろいい感じにつっこめるようなことくらいしかいわないし、なんていうかいいやつだってわかってたけど、いいやつっていいやつだからっていちいち持ち上げることがないというか、とりあえず私が熱心に見てきた上記の期間では本人の側面くらいしか見せてもらえてなかったのかもしれないし私が受け取れなかったのかもしれないけど。

本当に勝手な話だけどその時に「まあいいや」みたいな感覚を持っていた部分がグループが形成してられなくなるほど減ってしまうとなると「いやまあいいやじゃないじゃんよくないじゃん」って思わされて、かつんっていうのが私は6から始まってるから3になると半分、半分だよ?!って本当に自分の一方的な悲しみでしかないんだけど、他の脱退より理由になんで?と上記の自分の身勝手な感覚から断トツにもやーっとした気持ちです。

こんな離れていたやつでももやーっとするんだから人数が減ってもがんばろうね!ってやってきたメンバーとそのファンがもやーなんてどころではないのは容易に想像できます。想像できるからこそこの中途半端な過去のファンだけど悲しいみたいなやつは大きい声もあげにくいし、今に寄り添ってきてないからそこまで憤慨することもできない、ただもやっとしてさびしい行き場のない気持ちが時間を経つのを待つだけなんだなって思うんですけど、活動がとりあえず春まである、っていう発表されたのに締められないなんとも微妙な期間が与えられており。

もっと忘れたころに書こうかなって思ってたけど今日たまたまなんかすごいリーダー必要論だのいう検討違いすぎる炎上商法ニュースサイトみたいなのが流れてきて、こんなこと書かれるくらいならまだ私のことでも書いてやるわみたいなw

音楽云々の何らかの歪みが本当だとして、確かに先に抜けたうちの1人は音楽においては群をぬいたセンスがあるのは事実で、ああいうのがひとりいると楽曲を与える側にも幅が広げたくなるのも事実だろうとは思うし、色々させたくなる要素が音楽面においてグループに増えるのは間違いなかろうなとは今のエイトでもNEWSを見ても思う。ただあの手の才能は持って生まれたものが多くて後々ついてくることができるのは技術程度なので、あれはグループに人材を持ってないと厳しいことだ、とするなら彼がそれらの希望では先細ったと感じたのだろうか、とかは思わなくもない。グループという中にある程度そういうメンバーがいることで音楽面が広がる面白さは事実だろうしなあ…音楽を与える側が面白がれるようなアイドルっていうのはコンサートっていう場面を抱える以上、幅の広がりが見えるのは当然だろうし、その才能は面白がってほしいしね…

上記は個人的なモヤーだけど、メンバー他様々なところがなんでなんだぜ?感がすごいのも今回のモヤりのでかいところではある。だから余計にこの先も頑張ってね!ってぴゃっといえるような気持ちにもスッキリなれないんだよなあ…