読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまもりとは

Jr.担です。玉森くんの気概がかっこいいとのことですが、どんなところにそう感じるのか具体的に知りたいです。ほかにも彼の良さを教えていただきたいです。ドリボやジャニアイでたくさん玉森くんを見ましたが、まったく良い部分が見つけられず、技術の無さや覇気の無さばかり目につき嫌いになりかけています。ジャニアイの千秋楽でも「疲れたのでバトンタッチします」などと言い、冗談でもそんな投げやりな言葉を吐くだなんて失礼な人だなと思いました。自担にはこんな先輩ともう一緒に仕事してほしくないと思ってしまいましたが、そう思いながらヲタクをしているのも辛いので良いところがあるなら知って少しでも好きになりたいです。

これかなり寝かせてしまったんだけど何度も書いては違うな、ってなってこれで3作目くらいなんだけど、結論がでるようなことでもないな、と思いつつ。

・技術力は

舞台技術的なことはjr以下である。そして努力してみな同じになれるかといっても身体能力でなれない部分だと思う。なので技術面に関しての評価がほしいというならほんとにたぶんこの先もお目にかなうことはないと思う。ただjr時代からするとあれでもド下手くそから下手くそくらいにまではなったので、一応ささやかに進化はしている

・良さとは

そもそも「良い」とすべきところが個々で違う。好みになる話で、「何事も懸命でぬかりなく」っていうタイプが好きな方には技術もなく、態度もゆるふわ、は好みではなくて当然でそこを良さとしてとらえるならば、玉森が響いてくることはほとんどないかもと思う。しかしそれが大多数なら彼は集客要員としてもあの舞台に立てることはないだろうと思う

・露出の問題か

ただTVに出てるから、その中でセンターだからのお飾りに流されているだけではないか、といわれたらそれもその通りでセンターの設定で興味を持たれているところは多いにある。きっかけや入口としての機能としては多いに果たしているが、それは露出じゃないか露出量が同じなら他だって、ってなると思う。なぜあいつなのだ、というところになると思う

まずもって表面的に評価されやすい点においてどうなのかということをあげてみたが、かろうじて露出面程度は集客の影響力にはなっていると思うが、他の点でパッとするようなことはない。本当にない。ジュニア時代がどうだったかというと今でいうカスジュの部類であるし、本当に口も開かないしでただただ佇んでいたしかも端っこにw当時はエイト、NEWS、かつんを輩出した残骸状態の中でさらに歌もダンスもできない本当にモブの中のモブ。

やる気のなさそうな、覇気のなさそうな、はあれがまじで個性のレベルの人間なので本当に「印象がよくない」ただその覇気のない、覇気が出せないというかそういうタイプがジュニア時代に技術のないMAXモブながらセンターに押し上げられ、自分が他の誰よりもできないのに、誰もがほしいポジションにいることは相当なプレッシャーを感じてはいようともやっぱりずっと低温な感じのままでいつものゆるゆるとした体ではいた。でもあのころはやはり少しそんな低温な葛藤を見せたくないタイプでも、謙虚というよりは少し卑屈な感覚も見受けられたりでにじんではいたけど。

そうした長期的な変化の面を知っているのでそういう意味では一目にはわからない良さは知っているとは思うけど、パっと見の印象がよくはないと思うし、先輩としてみて技術的には学ぶことはないと思う。強烈な虚無い個性のわりに自分に対しての負けず嫌いが異常、何ごともそつなくこなしてハキハキしてて、っていうキャラは比較的作ろうと思えば新社会人などもこなすものだけど、ずっと表現が低温維持っていう自己揺るがない個性というのはなかなかいないというか、作らないでやってるというのは個性としてはでかい。印象よくないけどw

ただ私みたいな何ごともそつなくこなすなら応援しなくてもやるだろ、常にハキハキしてて模範解答ばかりするようなの暑苦しくて面白味がない、と思うような人には需要があるし、キスブサとかああいう中でもだが台本がないようなときでもさらっといい言葉やフォローをする節はそもそもある。そういう言葉を最近は経験とともに裏付けがある言葉になってきたなあが私の中で気概を感じる、なので。何度もいうけど印象がよく思われることは本当にないなとよく思うけど、『だるそうなときはだるそうだし嫌なときはイヤーな顔してるし、うれしいときは変な踊りしてたりする』ので、なんというかそこそこ売れてもウソつかれない態度なのも私は嫌いじゃないw

ぱっと見にはわからない、から知りたくなる、タイプではないかなあとは思う。淡々としてるわりにはでじっと見てると態度作らないわりにめちゃくちゃコロコロと表情が豊かなので華があるとはそういう面なのかもなあとは思ってる。

この質問者さんが良いとする好き、にあてこもうと思うとすごい難しいキャラかもしれないので、そこは無理しなくてもいいんではないかと思う。そういった強烈低温の個性の持主ではあるから今があるようなタイプなので。そもそもの点数が低いからジュニアが成長するような工程をデビューしてからやってるような面もあるなと思うんで、なんだよこの先輩はよ!って思うと思われるのも当然なので…

質問者さんのいうこともすげーわかるからほんとそうだよね~って思って、でも玉のどこが、というとそういう疲れたら疲れたっていうところなんだよ…何か自分がすごいことができたわけでもないから高尚に語れることもなく自分の思うところの素直な疲れた…をいうところ。あとこの舞台に限らずよく疲れたはいうので、そうだな仕事は疲れるよな…って現実味のあるところなのでキラキラした夢を見せるキャラではないのが良さとしか…w人には薦められるようなところ思いつかないんですけど、私の好きなところは太字(『』)なところですかね。