読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節目

千賀くん誕生日おめでとう!というわけで一年の中で何もなくとも千賀くんのことを考える節目である。すぎたけど。
個人的なことで仕事が変わってからの2年程度だが日常の仕事にさかれている時間が14時間から16時間程度あって、別に仕事の事自体はそれでもつらいとか思ったことがない、むしろ働いてないと不安な大変勤勉な日本人スタイルなんだが、ここまで仕事に時間がさかれていると当然だけど映像ものは消化するヒマがない。情報としてはあれに出たこれに出たどうだったは知っているけど、自分の目できちんと見ることができるのは何ヶ月のあとだったりする。ややもどかしいサイクルではあるけど、それでいても別に嫌いにもならないし、自分自身の熱量の維持にムリしない距離ではちょうどいいのかもと思うけど、ヲタクとしての呼吸が感じられないので傍目からはヲタとして死んだかな?wみたいな感じだろうとは思うw

いろんな気力のある時期からしたら想像できないくらいゆっくりとした消費をしているとは思うし、もっとグアー!っと勢いと衝動にもっていかれるようなことがあったら流されんじゃないの、とか思ってたけど、熱量で沸騰を見せるようなヲタ芸は自分の中ではそろそろ疲れるのだろうとも思う。別にだれと張り合うわけでもないけど単純にそのくらいブアー!!!!って湧き出るものがあったりするのもヲタクならではの集中力で新規のジャンプ力みたいなものだと思うけど、さすがに、さすがに、もうキスマイにも千賀くんに対しても新規でえす!っていうところではない層だろうと思うし新規と同じパワーはでないんだけど、この続けられる土台にjr時代を見てきたことってあるような気がするな、とデビュー後に知って熱狂したかつんの今を見て思ったのではてなぶろぐりにきたw

かつんはちょうどデビューの公演の追加分のあまりを頂くところから始まるのでほぼデビューのときに知ったもので、ジャニーズ自体はソレより前にも知人が嵌っていたのでなんとなくは知識があるが自分ではTVを見るクセがなかったためにあまり触れてこない何かだった。

当時はハロヲタもしていたのでショーアップの意味ではスケールが完全に違う世界なので、そこに衝撃もあったけど、何より1人1人がこんなでけえ会場を前にしても微塵もぶれてなくてキャラの完成度はんぱねえな!と思って引き込まれた。楽曲も好みのものが多かったし。ある程度そこで出来上がっていたかつんを数年楽しくヲタクしたけど、出来上がったものが形を変えていく状況にはどうしても初期のインパクトが大きく、個々の個性がうねりを上げていた状況をスタート地点で基準として見てきた部分が大きい気がした。

今10周年で盛り上がっているから考えることも多くて、そのときに今と自分が好きだと感じたときのものの形が変わっているところをすり合わせたいような気持ちがおきなかった。和也もたっちゃんのゆっちもたぐちも見ても何か変わってしまったとかないのに、多分その初期のインパクトで出来た部分が大きくて、自分ではそこまで意識していなかったけどグループに対して好きだった部分が大きかったのだろうなと思う。そしてデビュー後でそれなりに手が加えられて整えられた体裁でそれを見ていたところがあって、勿論それまでの努力があってのこととは頭ではわかっていてもリアルタイムでは通ってきていないから、何度もあった揺らぐときへの踏ん張り、みたいな根っこが思いのほかなかったのだろうと思う。

千賀くんに対してはそれはかつんのバックから始まるからかつんには感謝しかないのだけど、ピンのバック仕事から始まったこともあるし、今でこそメンバーにそれなりに思いいれあるけど、時間のわりにはかなり薄いグループ愛だと思うw正直デビューする前よりデビューしてからのほうが波乱で個人的には何度も試されるターンが、しかも結構な頻度できたと思うんだけど、その時に根っこで残ってたもの自体は誰がとやかくいおうと私は応援したいだけ、だった気がする。そう応援したい、だけ。できれば気持ちよくw

バック仕事でうちわを持っていったときにデビュー前くらいのときにはキスマイヲタ結構いたけどソレより前で地方とかだといるけどまあポツポツで。藤北が多くて千賀担なんて見える範囲には一桁とかだし、ジュニアながら単独ツアー結構やれてたけど、空席すごかったきたえーるとかもあるし、結局苦労話かよってなるけど結局当時のその状況のときに思った「応援したい」が根っこに今もあるんだなと思う。売れてほしい、というよりはやはり気持ちよく応援したいからだろうなと思う。売れてほしいならもはやそこそこ達成してるし。初のドームも絶対埋まらないだろう危機感から買って撒いた人も結構いたと思うけど、私も定価割れで撒いたけど、売れてないと思われるのが困る!というよりは気持ちよく応援したいから少しでも空席なんて作らずにすむならって。今の平日ドームでも落選が出る状況からだと想像もつかないかもだけど。

勿論消費者としては売れてないとこの先応援できなくなるかも、という危機感はjrなら特に強く感じるし、そういう面でも先のデビューとしての階段を踏んだある程度できあがった土俵から見ることがスタートしたかつんとはそこが違っていて、傍目からは同じ事務所のもろもろなんだけど、ファンは入ったところの違いで誰もが違うスタートラインを切っていると思う。だから見解に違いが生じてもそれだけ長く活動してきた証拠だろうなとも思う。波に振り落とされなかった古参と新規が増えながら循環しまくって中堅どころが薄いのがアイドルファン層の特徴かもなとも思う。TV露出により新規自体が爆発的に増えるのはアイドルに多いとは思うし。中堅どころってのはそれなりにいろいろ覚えて他の魅力もわかり始めてしまう時期だから、離脱されやすいしね…

書きながら「応援したい」ってなんだよって思ってるんだけど、好きだから、で、売れてほしい消費者ではないんだよね私は。売れてほしくないものには一円も払いたいと思わないし売れたら次ができるというのはお利口なファンの鏡だとは思うけど、別にそうありたいと思わないしそれが正しいと押し付けられる筋合いもない。ファミリークラブはそれが正しさ!として押しつけてはくるが、FCとしての費用を徴収している以上、お前はまず企業としての仕事をだな…w

でも売れなきゃ応援できなくなるでしょ?っていうけど、自分の見たいと思わない分野で売れられても応援したいと思わないので「そこに需要はない」って提示していっても別にいいと思うんだよね…それぞやっぱり気持ちよく応援したい、という根幹と同じで楽しいとかそういうものがちゃんとないものは、いずれ娯楽として収益出すには細っていくだろうと思うから。それらの面白くないときでもなんでもありがたがるのが正しさ!従うのが正しいファン!という宗教は新規の循環が多いうちは騙せるけど、気がつくと隣の芝生が青い、になる気が。いまやいろいろなものに目移りできますし。

10周年かつんも勿論応援したくないわけがないんだけど、よし!やろうと思って応援てするものでもないというかいやしてもいいと思うんだけど、私の中の「応援したい」は呼吸のように組み込まれてて自然に出てくるやつ、なんだよなってそれが持続してるの千賀くんだけなんだよな。好きとか説明できない><☆とかねーよって思うんだけど、呼吸と同等くらいになるとさすがに説明が難しいな、本能的に生きるためにやってるってことだろw

仕事が忙しくて時間とれないからすぐにはフルに見れたりはしないけど、ビジュアルチェックだけはわりとしてて「今日の千賀くんもいけてるねー!」とか「なぜ茄子にしたし」とかは顔ファンもはや呼吸のようにやってるし、別にほかに気がそれたとかでもなくて、千賀くんはよなんかやろうぜ見たい、と思ってるし最近の雑誌の発言は昔よりさすがにいってることにやや説得力があるなとかは思ってるし大人になったよね。ほんと思ったよりイケメンになってるから安心して、でもお肌の曲がり角ってくるから美容意識高めのメンタル挫折からの施しはダメ絶対と思うので加齢は味の深みよ受け入れてねwそれでさらにいい男になってね25歳おめでとう✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。